「長引く咳でお困りの方へ」横浜綱島フォレスト内科・呼吸器クリニックの呼吸器内科外来
横浜綱島フォレスト内科・呼吸器クリニック 院長 森山 雄介横浜綱島フォレスト内科・呼吸器クリニック 院長 森山 雄介

呼吸器内科とは?

呼吸器内科とは、主に気管支・肺など、息の通り道に関する器官を診る科です。

呼吸は生きる上で命に関わる、とても大切なファクターです。院長の私は呼吸器内科およびアレルギーの専門医です。専門としているため内科の中でも「呼吸器科」は当院の名前にも入れさせていただきました。当院は週7日診療(土日も診療)のため院長以外の診療日もありますが、どのドクターでも同じ診療ができるように呼吸器内科としての診療内容をシェアしています。また、それぞれの医師が困った場合、すぐに院長と連絡が取れるようになっています。

呼吸器の症状は急に発症することも多いので、困ったときはいつでも当院までお越しいただければと思います。

資格

  • 医学博士
  • 日本内科学会総合内科認定医
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本アレルギー学会専門医
  • 身体障害者福祉法指定医



    (呼吸器機能障害)
  • 神奈川県知事指定 難病指定医

院長経歴

  • 関東労災病院初期研修医
  • 横浜市立大学第一内科
    (リウマチ・血液・感染症・呼吸器)

    入局
  • 横浜市立大学付属市民総合医療センター 後期研修医
  • 横浜市立大学附属病院 

    後期研修医
  • 大和市立病院 医長
  • 元住吉こころみクリニック 

    内科代表

このような症状でお悩みはありませんか?

咳、淡、息苦しさ、胸痛

呼吸器疾患は、症状を元にどの疾患なのか鑑別するのが大変難しい病気です。ほとんどの病気で咳は出ますし、痰の有無である程度の鑑別はできるものの、断定まではできません。

そのため、症状以外の問診、聴診、検査がとても大切です。上記のような症状でお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。

呼吸器内科外来の対応疾患RESPIRATORY MEDICINE

よくある疾患よくある疾患

よくある疾患DISEASE

  • 咳喘息
  • 気管支炎(風邪)
  • 肺炎
  • インフルエンザ
  • 気管支喘息
  • 肺気腫(COPD)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 非結核性抗酸菌症
  • 間質性肺炎
  • コロナ感染症
  • など

「気胸」「肺癌」「結核」などの疑いはレントゲンで精査することが可能ですが、診断・治療は連携している総合病院をご案内させていただきます。

横浜綱島フォレスト

内科・呼吸器クリニックの
呼吸器内科の特徴FEATURE

患者様のニーズに合わせ柔軟な治療を
01

患者様のニーズに合わせ
柔軟な治療を

たかが咳、されど咳…。

多くの患者様を診察していると、様々なタイプの症状が存在します。

✓ ちょっとした咳だから、とりあえず薬だけ欲しい
✓ 咳が激しく、市販薬が効かないから診て欲しい

問診票で咳にチェックが同様についていても、この2つの症状を比べると温度差がかなりあります。この2名の方に一辺倒な治療をしても両者ともに不満が募ると思います。そのため当院では初診(再初診の方も含む)の方には、症状およびご希望に柔軟に対応できるよう、

  1. 診察医にまかせる
  2. できるだけ簡潔に診察希望
  3. 今回の症状について詳しく検査希望

の3つから選択できるようにしております。

患者様のニーズに合わせ柔軟な治療を患者様のニーズに合わせ柔軟な治療を

Bを選択された方は軽症の方が多いでしょうし、Cを選択された方は症状が重いもしくは他院の処方で直らない方が多いかと思います。

このように、同じ呼吸器症状でも、患者様のニーズに合わせて柔軟な対応ができればと考えております。ただし、副作用が強い薬や、抗菌薬、吸入ステロイドなど、初期に投与しその後治らなかった場合に診療が困難になるものは、検査後の処方をお願いする場合があります。

患者様を思ってこその提案だと思っていただけますと幸いです。

総合病院、大学病院並の検査機器を完備
02

総合病院、大学病院並の
検査機器を完備

呼吸器の症状として最も多いのは咳かと思います。当院でも咳の治療には特に力を入れております。

そのため、私が従事した経験のある総合病院、大学病院とできる限り同じ診療の質を提供したいと思い色々な機器を準備いたしました。

その一部をご紹介します。

胸部レントゲン写真を撮影すると、肺の中の器質的異常を発見することができます。肺炎や感染症、気胸、肺癌などの肺に関わる病気のほとんどはレントゲン写真を疑うことから始まります。つまり、レントゲン撮影をしないことには、肺の病気のほとんどが疑わしいかどうか分からないということです。

  • 咳の症状が強い方
  • 咳の症状が長引いている方

このような症状でお悩みの方は、まずはレントゲン撮影を検討することをお勧めします。

一方で、レントゲンで気になることといえば「被ばく量」かと思います。突然ですが、海外旅行に行くときに、被ばく量を気にされる方はいらっしゃいますでしょうか?実は、レントゲン撮影1回の被ばく量は日本からアメリカへ1度行く自然被ばく量とほど同じです。つまり、正面・側面の2方向から撮影したとしても、日本~アメリカ間を往復した程度の被ばく量でしかありません。

また、妊娠中の方には防護服をご用意しております。撮影の前に妊娠の旨をお伝えいただけましたら装着できますので、お腹の赤ちゃんには全く影響しません。むしろ被ばくを恐れて、肺炎や結核などを見過ごしてしまう方が大きな問題になります。

レントゲン写真には、

  • CR(コンピューテッド・ラジオグラフィ)
  • DR(デジタルラジオグラフィ)

という2種類の機械があります。CRはレントゲン写真用のプレートをX線画像の記録に使用します。X線がプレートに吸収されたら露光したプレートがスキャンされ、その後放出光がデジタル画像として変換されます。プレートを差し込む手間や、デジタルに変換されるまでの時間が、患者様の待ち時間に繋がってしまうというデメリットがあります。一方、DRはフィルムではなく画像認識素子という特殊な撮影方法を用いています。CRのようにプレートの交換やデジタル変換をする必要がないため、高速撮影が可能です。さらに、瞬時に画像変換されるため高い解像度をほこり、総合病院の設備に負けないような画質となっております。当院では患者様第一と考え、DRでのレントゲン撮影をご準備しております。少しでも被ばくを抑え、患者様の待ち時間を減らせるよう努めてまいります。

呼気NO検査は呼吸器内科専門のクリニックとして今や必須の検査になりつつあります。咳の原因の多くは感染症かアレルギーだと言われています。感染症の有無をレントゲンである程度判断した後は、アレルギーの炎症かどうかを調べます。アレルギーによる炎症は息の成分を調べることで分かりますが、これを呼気NO検査と言います。この検査は2010年頃に登場した新しい検査方法です。NO(一酸化窒素)とはアレルギーの炎症(好酸球炎症)がある方に発生する物質です。呼気に含まれるNOの量を、息を吐くだけで測定することができます。ふーっと一定の流量で息を吐くだけの検査ですので、痛くもかゆくもありません。呼気NO検査はアレルギーの炎症で咳が出る気管支喘息、咳喘息の鑑別に有用な検査です。逆にこの検査を受けていない場合、本当に気管支喘息もしくは咳喘息なのか疑問が残ります。

この呼気NO検査には注意点が1点あります。それは、この検査は治療が開始される前の状態で測定しておく必要があるということです。なぜなら、治療を開始してから呼気NOを測定しても、
呼気NOが低い場合に

  • もともと数値が低い
  • 治療薬が中途半端に効いて呼気NOが下がった

という2つの可能性があるからです。この判断があいまいになると、仮に病気が治らなかったときに原因がよく分からなくなってしまいます。そのため、当院では患者様のことを考えた上で胸部レントゲン写真および呼気NO検査を、治療の前にお願いしております。

  • レントゲンで特殊な像を認めた場合
  • レントゲンで疑わしいがはっきりと確認したい場合
  • 初期治療で治らず細かく確認したい場合

このような場合は胸部CTを検討する必要があります。ただし、胸部CTはX線を用いて胸部の断層写真を撮影する検査のため、レントゲン写真の200倍の被ばく量があります。そのため、CT撮影が必要かどうかは慎重に判断します。

当院では

  • 初診時に全て撮影する
  • 胸部XPに異常があれば全て撮影する

といったことは患者様のご負担を考慮した上でいたしません。また、胸部CTは当院では撮影できない検査ですが、必要時は連携している病院を紹介いたしますのでご安心ください。総合病院同様、柔軟に対応できるようにいたします。

胸部CT検査は、体を断層にして撮影いたしますので、気管支や肺以外にも、

  • 乳房
  • 肝臓
  • 縦隔
  • 食道
  • 大動脈含めた血管
  • 心臓

など様々な部位が撮影されます。そのため読影が難しく、呼吸器内科医では肺や気管支のことは分かっても、それ以外の部位は専門家でないと分からないケースがあります。

  • 乳房に結節影があった
  • 肝臓に癌を疑う所見があった
  • 骨の一部に溶けてる像がみられた

などを見落とさないよう、当院では放射線科医の先生の読影結果を元にダブルチェックで診察しております。呼吸器内科だから肺以外の部位は診ない、ということはございませんので安心して検査を受けることができます。
この他にも、

  • 呼吸機能検査
  • 採血(アレルギーや炎症反応など)
  • 喀痰細胞診
  • 尿検査(レジオネラ、肺炎球菌)
  • 喀痰培養

など、総合病院と比べても遜色のない検査ができるよう準備しております。胸部CTのように、当院ではできない検査は連携している病院と協力させていただきますので、呼吸器に関しては総合病院に受診したつもりでご来院ください。

お問い合わせCONTACT

WEB予約
電話予約電話予約
事前WEB問診(※受付がスムーズになります)

最新のガイドラインでベストな治療を目指してOPTIMAL CARE

最新のガイドラインでベストな治療を目指して

細かな診断をしたうえで治療を受けてほしいと思っています、ひどい咳は、肺や気管支に何らかのエラーが起きていることを知らせる警報器のようなものです。一般的な咳止めで様子を見てよいかどうかは、検査なしでは判断できません。診断もしくは疑わしい病態がつかめたとき、ケースバイケースでベストな治療薬を選択できるようにいたします。

例えば、昔の気管支喘息の治療は吸入ステロイド単剤がメインでした。しかし現在ではβ②刺激薬と吸入ステロイドの合剤が主流になっております。さらに新しい治療薬や注射剤も登場しています。当院では毎週製薬会社との勉強会を開き、常に新しい知識を取り込むための取り組みを行っております。「こんな治療があるならやりたかった…」というようなことが無いように、新しい治療をご提供できる準備をしております。もちろん、総合病院でしかできない治療は適切なタイミングでご紹介させていただきます。

また、細かな検査ができるということは、予想以上に状態が悪かったなどのことも当日に分かります。内服薬や吸入薬のみで初期治療が不十分な場合、

  • 点滴
  • ネブライザー(吸入器)

といった治療が必要になります。当院は診断はもちろん、治療にも力を入れております。特に綱島駅の周辺には総合病院がないため、当院でこれらの治療が受けられるよう準備いたしました。点滴室は5人対応、ネブライザーも複数台用意しておりますので、誰か他に治療しているからできない、といったことが無いようにしております。

当院では、入院手前までの治療を受けられるよう準備しております。

大学病院とクリニックの違いDIFFERENCE

大学病院や総合病院だとすごく細かく精査してもらえる、と思っている方もおおいのではないでしょうか?しかし、それは大きな間違いです。例えば、以下のような患者様が3人きたらどうでしょうか?

  • 酸素状態が悪く緊急に対応が必要で救急車で運ばれた方
  • 胸部レントゲンで肺癌が疑われて、クリニックから紹介された方
  • 咳が治らなくて、細かく検査して欲しくクリニックを通過せずに受診した方

呼吸器内科医が力を入れる順番は①、②、③の順です。①は急いで治療しないと命に関わりますので、優先順位が最も高くなります。②の肺癌の疑いがある方は、命に関わる病気のため慎重に話を進めていき、患者様との関係を構築していく必要があります。一方③はどうでしょうか?咳が治らないというだけで、軽症なのか重症なのかいまいち分かりません。命に別状がなさそうな疾患は後回しになることが多くあります。

つまり、総合病院とは

  • 命に関わる疾患
  • 総合病院でないと診察・治療できない疾患

を中心に診るところです。とりあえず診てほしいという段階で行くべき場所ではありません。何時間も待って満足のいく診察を受けられない理由は上記のような重症の方を優先して時間を割くためです。そのため当院では、検査・治療も含めて総合病院並みの設備を揃えております。また、そのレベルの診療をいつでも受けられるよう、土日診療・夜間診療を行っております。予約優先のため、事前に予約していただければスムーズに診察に入れるかと思います。

  • 子供がいてなかなか大病院に行くのに抵抗がある
  • 仕事があって平日午前に受診できないよ
  • 毎日点滴治療が必要といわれたが、入院はしたくない

など患者様のライフスタイルやご希望に、柔軟に対応できればと思います。診察の混み具合にもよりますが、予約なしでいつでも受けることができます。
吸入薬がなくなった…。
急に咳が出始めた…。
など、困ったことがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせCONTACT

WEB予約
電話予約電話予約
事前WEB問診(※受付がスムーズになります)
TOPへ戻る
TEL:045-642-7659事前WEB問診

24WEB予約