インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種の金額は、4,400円(税込)となります。

インフルエンザワクチンについてですが、毎年供給量が違うため、事前にご連絡ください。

 

  • 道を通りかかった時にインフルエンザ予防接種してないことに気が付いた
  • 定期受診の際に一緒にインフルエンザ予防接種打ちたい
  • 土日にしか暇がないので、受診したい

どの方でも気楽にいらしていただければと思います。

よくある質問

当院でインフルエンザ予防接種何歳から打てるの?

当院では3歳以上(幼稚園生以上)をお願いしております。

自分と一緒に子供も予防接種したいという方は多いかと思います。当院もできる限り患者様のご希望を対応したいと思ってますが、3歳以上(幼稚園生以上)をお願いしております。

インフルエンザは、

  • 6か月以上3歳未満の方:1回0.25ml 2回接種
  • 3歳以上13歳未満の方:1回0.5ml 2回接種
  • 13歳以上の方:1回0.5ml 1回接種

※2回接種の場合は、4週間以上空けて投与

となっており、3歳未満は投与量も代わります。また嫌がって暴れてしまう可能性もあるため、万が一何かあった際に対応ができないため、小児科の専門機関をご案内しております。
3歳以上(幼稚園以上)であれば当院可能ですのでお待ちしております。値段も年齢によって変更することはありません。

横浜市のインフルエンザの助成制度の対象は?

65歳以上の方、または60歳以上で疾患をお持ちの方が対象になります。

横浜市のホームページでは、
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/yobosesshu/koureiinflu.html
横浜市内に住民登録があり、接種日現在で次の1・2いずれかに該当する方

  1. 65歳以上の方
  2. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に1級相当の障害のある方

となっております。上記の方は、2300円で投与することが可能です。注意点としては、投与する年次ではなく、投与する日の時点での年齢です。
・明日誕生日で65歳になる→この方は明日にならないとインフルエンザ予防接種の助成の対象者にならないのでご注意ください。
持ち物は、

  • 住所・氏名・年齢を確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)
  • 60歳以上65歳未満の方は、身体障害者手帳や診断書など、障害の程度を確認できる書類をお持ちください

なお上記当てはまる方で、

  • 生活保護世帯
  • 市県民税非課税世帯
  • 中国残留邦人等の法律による支援給付を受けている方

はインフルエンザ予防接種代がかかりません。

インフルエンザワクチンはどうやって製造して効果を発揮するの?

インフルエンザワクチンは、インフルエンザウイルスを卵に投与して、卵の中でウイルスを増殖させることで製造開始します。

インフルエンザウィルスが増殖した卵をエーテルで処理して殺菌し、ウィルスの殻の部分(HA)のみを抽出します。インフルエンザの死骸のようなものをインフルエンザ予防接種と考えていただければと思います。このインフルエンザワクチンを投与することで、わざと弱い反応をおこして免疫細胞が認識することになります。そうすることで本物のインフルエンザウィルスが来たときに事前に準備することで、早期に撃退、感染しないもしくは感染したとしても軽症で済むようになります。

インフルエンザ打てない人はいるの?

体調がすぐれない方、熱が37.5℃以上の方は後日接種をご案内しております。

インフルエンザワクチンは、先ほど記載したようにわざと弱い免疫反応を起こして認識させる必要があります。発熱時は、何らかのばい菌と免疫細胞が戦っている証拠ですので、無理にインフルエンザワクチンを接種しても、十分に効果を発揮しない可能性があります。そのため37.5℃以上の方は、投与を控えるよう添付文章にも記載されています。同様に、
何か他の急性疾患にかかっていたり、体調が悪くて薬を飲んでいる方なども免疫力が低下していてインフルエンザワクチンを接種してしまっても効果を発揮せず、逆に症状の治りを邪魔する可能性があります。ぜひ体調が良好で熱がない時に受診していただければと思います。

卵アレルギーがある人はインフルエンザワクチンは打てないの?

よほど重度の卵アレルギーでない限りは問題ありません。

インフルエンザワクチンは鶏卵を利用して製造されるため卵アレルギーがある人は注意が必要と記載されています。しかし技術が進歩しており、処理などで本当に微量な卵の成分しか含まれておりません。そのため、卵が含まれている食べ物を摂取しても問題ない人はまず問題ありません。卵の成分が含まれてる加工製品を少しでも食べたらアレルギー症状が起こる位重症の方(特に小児の方)は総合病院に伺って投与可能か判断してもらう必要があります。そのため、過去にアレルギー症状が出た方も、現在卵が摂取できる方はほぼ問題ないので安心して予防接種うけてください。実際に日本ではインフルエンザワクチンを接種にてアナフィラキシーになった事例は報告されていません。

インフルエンザ予防接種は毎年接種する必要があるの?

インフルエンザ予防接種は毎年流行を予測して違うタイプを投与するため、毎年接種する必要があります。

インフルエンザはA,B,Cと三タイプありますが、そのうち感染するものがインフルエンザAとBになります。
このインフルエンザですがヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)という2種類のウイルス表面のたんぱく質の違いがあるため、毎年流行の方が変わります。とくにインフルエンザA型は、HAが16種類、NAが9種類もあるため、144種類もの組み合わせがあります。この様々な種類があるインフルエンザですが、どのタイプが流行するかを世界保健機関(WHO)が世界各地の情報から予測し、それに基づいて日本でも検討してワクチンのタイプを決定して製造しております。つまり毎年、その時に流行しそうな型を決めているため毎年違うタイプを投与しています。そのため去年インフルエンザ予防接種打ったから今年は必要ないということはないので注意しましょう。

インフルエンザ予防接種打つ前に、インフルエンザにかかったからもう接種意味がない?

インフルエンザは型が何種類もあるため、インフルエンザに罹っても予防接種する価値あります。

よくインフルエンザにもう今年はかかったから、打たなくて大丈夫です。と答える方がいます。しかしインフルエンザはQ7で書いているように、百種類以上のタイプがあります。またその時期によって流行するタイプも変わってきます。実際診療していると同じシーズンに、2回、3回インフルエンザに罹患した患者様もしばしばみかけます。現在インフルエンザワクチンの主流の4価ワクチンは、

  • インフルエンザウイルスA型株(H1N1株とH3N2株の2種類)
  • インフルエンザウィルスB型株(山形系統株とビクトリア系統株の2種類)

とそれぞれ複数のタイプが入っているので、ぜひインフルエンザに罹患した方も体調が改善したら予防接種をご検討してください。

インフルエンザの予防接種を投与すべき時期は?

10月中旬から12月末までをご案内しております。

インフルエンザは毎年流行時期が多少ずれますが、大体が12月前後から徐々に発生して、1月から2月にかけてピークを迎えて、3月頃まで続くという流れが一般的です。
一方でインフルエンザ注射の効果は注射してから、個人差はあるものの2週間後位から5ヶ月間位あると報告されています。そのため10月中旬辺りからの投与をお勧めしております。10月であれば、流行している3月まで効果があるのが一般的なので早すぎるということはありません。また、猛威をふるう1月前までには、投与しておいた方が良いので、遅くとも12月末までにはインフルエンザ予防接種を終わらせておくことが良いです。

インフルエンザの副作用は?

インフルエンザに罹ることはありません。20-30%の方に副反応を認める可能性があります。

一部の方に免疫反応で、

  • 頭痛
  • 悪寒(寒気)、倦怠感(だるさ)

などが見られます。これは決してインフルエンザの予防接種を投与してインフルエンザにかかってしまったわけではありません。インフルエンザ予防接種はインフルエンザの死骸を入れて免疫力を手に入れる不活化ワクチンです。そのためインフルエンザ予防接種を投与したからインフルエンザにかかるということはありません。そのため投与直後の発熱は免疫反応によるもので人に移るものでは普通ありません。
ただし、免疫ができるのに2週間前後かかるため、予防接種の効果が出る前にインフルエンザに罹ってしまう可能性はあります。
一番多い副作用が、注射部位の

  • 紅斑
  • 腫脹
  • 発赤

が20-30%の方に認めると言われています。これはインフルエンザに限らず、注射投与すると一定確率でどうしても起きてしまう副反応というものです。インフルエンザの予防接種が特別多いわけではありません。また多くの方は数日すれば良くなることが多いので慌てる必要もありません。

インフルエンザ予防接種後にしてはいけない行動は?

激しい運動や飲酒は控えましょう。お風呂は大丈夫です。

インフルエンザは先ほどの副作用で述べたように、投与後免疫反応で熱や倦怠感が出る可能性があります。特に激しい運動や飲酒で活性化する可能性があるので、インフルエンザ予防接種後24時間は空けるようにしましょう。また歯医者で抜歯などの処置なども投与後はお控えください。逆に言えば飲み会や歯医者など予定がある方はその日は避けた方が良いです。一方でお風呂に関しては入っても問題ありません。ただし予防接種部位を強くこすらないように気を付けましょう。

妊婦でもインフルエンザ予防接種受けてよいの?

妊婦の方はむしろインフルエンザ予防接種を推奨されています。

副作用のところでも記載したようにインフルエンザ予防接種は、インフルエンザの死骸を投与して免疫をつける不活化ワクチンです。そのためインフルエンザ予防接種を投与したからといってお腹の赤ちゃんに感染することはありません。むしろ妊娠中、もしくは出産直後インフルエンザに罹ってしまう方が大問題です。高熱で体調を崩してしまうとお腹の中の赤ちゃんにも良くないですし、出産直後にお母さまがインフルエンザに罹ってしまうと、お子さんを誰が世話をするのか困ってしまいます。そのためガイドラインでも妊婦さんのインフルエンザは推奨されています。お腹の中の赤ちゃんを守るためにもぜひインフルエンザ予防接種を受けてください。

インフルエンザの予防接種の効果は?

5割から8割程度といわれています。またインフルエンザに感染しても軽症で済むことが多くなります。

インフルエンザワクチンを予防接種することで、メモリーB細胞という免疫細胞がインフルエンザのことを記憶いたします。そのことで、インフルエンザがいざ体内に侵入した際に、
素早く抗体を作って、攻撃することでインフルエンザを撃退することができます。年によって当たり外れはあるもののその効果は5割から8割と高いと言われております。一方で100%は難しいため、インフルエンザ流行時期に発熱を認めたら、インフルエンザ予防接種打ったからといって否定はできない点だけご注意ください。ただしインフルエンザ予防接種を接種しておけば、罹ったとしてもすぐに撃退できる可能性があるため症状が軽度で済むことが多いです。

まとめ

インフルエンザは、毎年冬に大流行する病気です。さらに他の人に移してしまうため自分だけでなくご家族や職場の方にもご迷惑かけてしまいます。今までインフルエンザ罹ったことないから大丈夫は、今まで交通事故起こしたことないから大丈夫と一緒で、なんの確証にもなりません。ぜひご自身の身を守るためにも積極的にインフルエンザ予防接種打っていただければと思います。

TOPへ戻る
24時間WEB予約 事前 WEB 問診 24時間WEB予約 事前 WEB 問診